フェルナンデス選手100点越えおめでとうございます!やはりショートで4回転2回は強いですね(*^_^*) キス&クライでフェルナンデス選手が驚きもなく、喜んではいるけど淡々としてた感じが印象に残りました。 結果とインタビューが伊記事でも出ていたので紹介します。

欧州選手権 男子SP 結果

1位 ハビエル・フェルナンデス選手(スペイン) 技術点55.96 演技構成点46.58 合計102.54

2位 マキシム・コフトゥン選手(ロシア) 技術点48.88 演技構成点40.21 減点‐1.00 合計88.09

3位 ミハル・ブジェジナ選手(チェコ) 技術点45.11 演技構成点40.19 減点‐1.00 合計84.30

4位 オレクシイ・ビチェンコ選手(イスラエル) 技術点45.59 演技構成点38.50 合計84.09

5位 ダニエル・サモーヒン選手(イスラエル) 技術点46.77 演技構成点36.96 減点‐1.00  合計82.83

6位 イヴァン・リギーニ選手(イタリア) 技術点43.83 演技構成点38.40 合計82.23

☆その他の選手の順位はこちらへ(順位、合計点のみ)

☆各選手のプロトコルはこちら


 

欧州選手権男子SP フェルナンデス選手、コフトゥン選手 インタビュー

ハビエル・フェルナンデス選手ー”順位についてはとても満足している。国際大会で100点以上を取るのは目標だった。他の選手もレベルを前進させているので、明らかにリスク(高難度)を取ることが必要だった。バルセロナでのGPファイナルの後、僕たちはショートもフリーのどちらのプログラムも難易度を上げると決めた、僕には言わないが、他の選手達もあらかじめこのような決意をしていただろう。明日はフリープログラムで2回のトリプルアクセルに挑戦する。これら全てのことは世界選手権のためである。”

マキシム・コフトゥン選手ー”試合が始まるまで、しっかり準備して落ち着いた気持ちだったし、何も心配していなかった。なぜ今日の演技が良くなかったのか分からない。実際は、他の試合でもトリプルアクセルはエラーを受けた(失敗した)。それで、国内選手権の後はこの要素を長い時間練習した、他の部分はより完璧になった。もしトリプルアクセルで転倒していなければ、今日の演技はパーフェクトであっただろう。今ところ、2回の4回転ジャンプをするのに問題ないし、スキップとスピンのレベルも普段通りの良いものだった。これらの事には満足している。”

引用元→Javier Fernandez: “Nel programma libero proverò ad eseguire due tripli axel”


気合が入ったインタビューです!もうすぐアイスダンスの試合が始まるので、後で追記します。

フェルナンデス選手頑張ってください!そしてコフトゥン選手もフリーノーミスを期待しています(*^_^*)!

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク