2016年1月27日~31日に渡ってフィギュアスケートヨーロッパ選手権スロヴァキア国首都ブラチスラヴァで開催されます。

まだ全ての詳細は明らかになっていませんが、大会スケジュールと出場選手が発表されたのでお知らせします。

ヨーロッパ選手権


◇ヨーロッパ選手権大会スケジュール(現地時間)※日本との時差―8時間

1月27日(水) 
10.15 – 15.25: 女子・ショートプログラム (ライブ配信13:05-15:30 Rai Sport 1
16.45 – 17.05: 開会式
17.30 – 22.40: 男子・ショートプログラム (ライブ配信19:45-22:45 Rai Sport 1

1月28日(木)
12.25 – 16.55: アイスダンス・ショートプログラム (ライブ配信14:45-17:00 Rai Sport 1
17.45 – 21.50: 男子・フリープログラム (ライブ配信19:50-22:10 Rai Sport 1

1月29日(金)
13.45 – 16.50:  ペア・ショートプログラム (ライブ配信14:45-17:00 Rai Sport 1
18.00 – 21.55: 女子・フリープログラム (ライブ配信19:15-22:10 Rai Sport 1

1月30日(土)
10.00 – 13.00:  ペア・フリープログラム
14.30 – 17.50: アイスダンス・フリープログラム

1月31日(日)
14.30 – 17.00: エキシビジョン


◇大会概要 ―”NeveItalia”より一部引用、翻訳―

約2週間後にフィギュアスケートヨーロッパ選手権が始まる。ブラチスラヴァ(Bratislava)のオンドレイ・メペラ・アイス・リンク(Ondrej Nepela Ice Arena)で開催される。(※リンク場の名前はスロヴァキアの男子シングル、オンドレイ・メペラ選手の名前が冠されています。1972年札幌冬季オリンピック金メダリストです。)

棄権の可能性は別として、33か国162名の選手がこの大会に参加する。2015年度と比べて、クロアチアの選手が新しく出場、そして全体の出場枠が8つ増えた。

派遣国の最大枠はロシアであり、最大名の18人が試合に参加する。主要選手によっては、4部門あるうちの2つは表彰台を独占することが明らかである。イタリアは16名の選手を派遣する。

今回の大会で、近年と違った点は男子シングルと女子シングルの出場者が同一数(36名)の点である。対して、アイスダンス部門は28カップル、ペア部門では17組である。つまり、過去と比較すると、アイスダンスと女子シングルの出場者(登録者)は少なくなり、男子シングルとペアの出場者は増えたということである。

ロシアでの選考で漏れたエリザベータ・トゥクタミシェワ選手(女子シングル)を除いて、昨年のチャンピオンであるハビエル・フェルナンデススペイン・男子シングル)、川口/スミノフ組(ロシア・ペア)、パパダキス/シゼロン組(フランス・アイスダンス)は勿論出場する。

引用元 → Il quadro degli iscritti agli imminenti Campionati europei di Bratislava


選手出場者一覧(長くなりますので今記事では男女シングルのみ載せます)

※滑走順ではありません、アルファベットの国名順で並んでいます。

◇男子シングル

01) Slavik HAYRAPETYAN(アルメニア・出場3回目)
02) Mario-Rafael IONIAN(オーストリア・初出場)
03) Larry LOUPOLOVER(アゼルバイジャン・2回目)
04) Alexei MIALIONKHIN(ベラルーシ・初)
05) Jorik HENDRICKX(ベルギー・5回目)
06) Nicholas VRDOLJAK(クロアチア・初)
07) Jiri BELOHRADSKY(チェコ・初)
08) Michal BREZINA(チェコ・9回目)
09) Daniil ZURAV(エストニア・初)
10) Valtter VIRTANEN(フィンランド・5回目)
11) Florent AMODIO(フランス・6回目)
12) Chafik BESSEGHIER(フランス・5回目)
13) Armen AGAIAN(グルジア・初)
14) Paul FENTZ(ドイツ・2回目)
15) Franz STREUBEL(ドイツ・3回目)
16) Phillip HARRIS(ドイツ・2回目)
17) Alexander MASZLJANKO(ハンガリー・初)
18) Alexei BYCHENKO(イスラエル・5回目)
19) Daniel SAMOHIN(イスラエル・2回目)
20) Ivan RIGHINI(イタリア・2回目)
21) Matteo RIZZO(イタリア・初)
22) Deniss VASILJEVS(ラトビア・初)
23) Thomas KENNES(オランダ・初)
24) Sondre ODDVOLL BOE(ノルウェー・3回目)
25) Patrick MYZYK(ポーランド・2回目)
26) Mikhail KOLYADA(ロシア・初)
27) Maxim KOVTUN(ロシア・4回目)
28) Alexander PETROV(ロシア・初)
29) Michael NEUMAN(スロバキア・初)
30) David KRANJEC(スロベニア・初)
31) Javier FERNANDEZ(スペイン・10回目)
32) Felipe MONTOYA(スペイン・初)
33) Alexander MAJOROV(スウェーデン・6回目)
34) Stephane WALKER(スイス・5回目)
35) Engin Ali ARTAN(トルコ・2回目)
36) Ivan PAVLOV(ウクライナ・初)

◇女子シングル

01)  Anastasia GALUSTYAN(アルメニア・2回目)
02)  Kerstin FRANK(オーストリア・6回目)
03)  Janina MAKEENKA(ベラルーシ・3回目)
04)  Charlotte VANDERSARREN(ベルギー・初)
05)  Daniela STOEVA(ブルガリア・2回目)
06)  Eliska BREZINOVA(チェコ・5回目)
07)  Pernille SORENSEN(デンマーク・2回目)
08)  Helery HÄLVIN(エストニア・2回目)
09)  Viveca LINDFORS(フィンランド・初)
10)  Laurine LECAVELIER(フランス・3回目)
11)  Mae Berenice MEITE(フランス・6回目)
12)  Lutricia BOCK(ドイツ・初)
13)  Nathalie WEINZIERL(ドイツ・5回目)
14)  Danielle HARRISON(イギリス・初)
15)  Ivett TOTH(ハンガリー・2回目)
16)  Aimee BUCHANAN(イスラエル・初)
17)  Roberta RODEGHIERO(イタリア・4回目)
18)  Giada RUSSO(イタリア・2回目)
19)  Angelina KUCHVALSKA(ラトビア・2回目)
20) Aleksandra GOLOVKINA(リトアニア・2回目)
21)  Fleur MAXWELL(ルクセンブルク・9回目)
22)  Niki WORIES(オランダ・2回目)
23)  Anne Line GJERSEM(ノルウェー・5回目)
24)  Julia SAUTER(ルーマニア・2回目)
25)  Evgenia MEDVEDEVA(ロシア・初)
26)  Anna POGORILAYA(ロシア・2回目)
27)  Elena RADIONOVA(ロシア・2回目)
28)  Nicole RAJICOVA(スロヴァキア・3回目)
29)  Dasa GRM(スロベニア・4回目)
30) Sonia LAFUENTE(スペイン・9回目)
31)  Matilda ALGOTSSON(スウェーデン・初)
32)  Joshi HELGESSON(スウェーデン・5回目)
33)  Isabelle OLSSON(スウェーデン・2回目)
34)  Tanja ODERMATT(スイス・2回目)
35)  Birce ATABEY(トルコ・5回目)
36)  Anna KHNYCHENKOVA(ウクライナ・初)


※ペアとアイスダンス出場者は次回の記事で載せます。その時にロシア・ペア代表の川口悠子選手、イタリア・アイスダンス代表の小松原美里選手の記事を取り上げたいと思います。

小松原選手は今年度のイタリア国内選手権(2015年12月)で3位を獲得しています。恐縮ながら、イタリアの地で日本人選手がカップルを組んでいたことを知りませんでしたm(__)m 本当に尊敬します。これからどんどん応援していきたいです!


シングル共に36人出場者、とても多いですね。枠数でみると、ロシアは勿論ですが、ドイツの男子シングルとスウェーデンの女子シングルは最大の3枠獲っているので強そうです。男子シングルはフェルナンデス選手、女子シングルは順当に行けばメドベデワ選手、とイタリアメディアでは語られていますが、6位までの入賞選手がどうなるか楽しみです。各選手の健闘を祈ります!

※情報が分かり次第ストリーミング情報や滑走順もアップします。宜しくお願い致します。

更新の励みになります。クリックして頂けたら嬉しいです。


人気ブログランキングへ

スポンサーリンク