NHKのスペシャルエキシビジョンとても素敵でしたね。ところで、2016年1月1日からカロリーナ・コストナー選手の謹慎がとけました。日本のメダル・ウィナーズ・オープンが復帰試合となります。イタリアではコストナー選手は日本でいう浅田真央選手のようなスーパースターであり、どのイタリア大手紙もこの復帰を報道していました。その中で安藤美姫さんのインタビューも添えられた、新聞社サイト”Quotidiano“の記事を紹介します。イタリア語訳の不格好はごめんなさい。


カロリーナ・コストナー選手、日本の大会で復帰

”2015年12月28日ボルツァーノの街にてーカロリーナ・コストナー選手は2016年1月15日に日本の大阪で開催される第3回”メダル・ウィナーズ・オープン”の大会に参加する。この大会はアマチュア選手もプロスケーターも参加できるものである。コストナー選手は元恋人のアレックス・シュワルツァーのエリスロポエチン(ドーピングに使用されるホルモン)の陽性反応の巻き添えになり、12月31日まで試合出場停止であった。

”(試合に)出場するのを待ち焦がれているーコストナー選手はメダル・ウィナーズ・オープンのサイトにこのようなメッセージを書いたー。とても長い期間試合出場停止だったが、(特に)日本で試合復帰出来るのが嬉しい”。実は日本は彼女が試合停止になる前の最後の試合会場であった、埼玉で行われた2014年の世界選手権である。

アルト・アディジェ州(オーストリアと国境を接するイタリア最北部の州)出身のコストナー選手が試合停止になった理由は、2012年7月30日ドイツのバイエルン州オーベストドルフのアパートにて、元恋人のアレックス・シュワルツァーのドーピング陽性反応が出た数時間後、訪れた検察官に対して虚偽の報告(在宅にも関わらず居ないと言った)を行った事である。イタリア・オリンピック協会のドーピング裁判所の第2審においてシュワルツァーを匿った件についてペナルティを与える事が決まった。続いてコストナー選手とイタリア・アンチドーピング協会、ローザンヌ・スポーツ仲裁裁判所間での取り決めにより、コストナー選手の罪が確定し、出場停止期間は長くなったが、2014年4月に”訴訟手続きの長引きは選手の責任にはならない”として日付を遡ることが(停止期間を訴訟手続きの間に含む、のような意味だと思います。)譲歩された。

カロリーナ・コストナー選手の復帰に関して、2度の世界選手権チャンピオンを獲得した日本人安藤美姫さんは、イタリア人生徒と一緒に練習していたローマのリンクでこのように話した。”私はカロリーナ・コストナー選手と一緒に成長しました、私たちは2001‐2002シーズンのジュニアグランプリファイナルを一緒に出場し、試合が終わった後すぐに友達になりました。” ”この件に関して私から言えることはありません、しかしカロリーナは難しい時間を過ごしたと思います。だけどショーで彼女を観るとき、彼女の不安が観客に見えることはありません、この事はとても素晴らしいことだし、本当に偉大なプロフェッショナルである選手です。”

引用元サイト → Carolina Kostner torna in pista in Giappone ※安藤さんのインタビュー動画(英語)が見れます。


大変長かったですが、ようやくコストナー選手復帰ですね。2014年の世界選手権で引退かもと思っていたのでこうしてまた試合に出場出来て嬉しいです。ソチオリンピックのフリー”ボレロ”は忘れられません。↓四画面の動画ですがこちらが一番綺麗な画質だったので

まだ確定ではないと思いますが、今度のヨーロッパ選手権の出場も考えられます。そうなるとイタリアフィギュアも一層盛り上がると思うので是非出場が決まって欲しいです(^^)。私がコストナー選手の存在を知ったのはトリノオリンピック前の日本の番組によるインタビューです。まだコストナー選手も18歳の高校生の時でした。それから10年間も第1線で活躍出来るのは本当に偉大です…3回目のオリンピックであるソチで初メダルを獲った時は感動しました!日本の大会が復帰試合というのも嬉しいです。

こちらが大会の公式サイトです。日本からは安藤美姫選手、織田信成選手、佐藤有香選手が出場です。ゲストはプルシェンコ選手で、外国人選手もとても豪華です。

ところで本当にフィギュアスケーターの方々はハードスケジュールだと思いました。。世界各国を周り。。選手の皆さん方のベストを祈っています!


いつも応援ありがとうございます。これからもどうぞ宜しくお願い致します。ツイッターも始めました。お気軽にフォローください。


人気ブログランキングへ

スポンサーリンク